当院のこだわり

今、どこへ行ってもフィルムを使用しない、デジタル方式のレントゲンなんてあたり前ですし、保険治療で虫歯の治療はこうです、歯周病の治療はこうですと述べてもおもしろくありません。ひろた歯科のこだわりは、かなり地味でマニアックです。

まず、歯を削るときのあのヒュイーンという音、あれは圧縮空気で羽根車が回っている音なのです。それを作っているのがコンプレッサーです。

また、お口の中をジューッと吸う機械、バキュームといいます。当然、掃除機と一緒で、吸い取ったものはどこかへ吐き出すことになります。

通常はスペースの関係から、この二つの機械を同じ部屋に設置せざるを得ない場合が多いです。しかし、これではバキュームが吐き出した感染性物質をコンプレッサーが吸い込む可能性があり、これがどうしても気になって仕方ありません。フィルターが入っているので問題ないとは言われてますが、私は部屋を分けることにしました。

患者さんからは見えない部分ですし、当然コストはかかりますが、身内にも安心して医療を受けてもらえる場として、ここは妥協できないと考えました。

滅菌に対する考え方

最近は診療に使う器具類を透明な袋に入れて、患者さんの目の前で開封するという手法を取り入れている医院もありますが、ひろた歯科ではあえてこれを行っていません。なぜなら、滅菌することはあたりまえの事ですし、この様な手間隙をかけるのであれば、その時間やコストを患者さんのために使うのが大切なのではと考えるからです。

診療で使用するグローブについては、あたりまえですがすべて患者さんごとに変えています。保険診療中心ですと、こういったコストは馬鹿にならないのですが、ここも地味ですが妥協できない部分です。

バキューム

バキューム
お口の中の切削粉,唾液,血液を吸い込みます。

コンプレッサー

コンプレッサー
お口の中へ送り込む圧縮空気を作ります。バキュームを設置してある部屋とは別の、きれいな空気を取り込めるところに設置してあります。

ロゴに込めた思い

ロゴ

ロゴはご覧のとおり、元気で明るい子供の顔をデザインしました。そして、持っている歯ブラシは杖もイメージしています。つまりこのマークには、小さなお子様からご年輩の方までを大切にしたい、という思いが込められています。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional